保育園不足率0%の千代田区には“保育士が働きやすい仕組み”があった



“保育園に入りたい”と考えている世帯数に対して、その年度内に保育園へ入園できた子どもの割合を表す「保育園不足率」が、千代田区は東京23区内で唯一の0%ということをご存知でしょうか。

なぜ千代田区では全ての子どもが保育園に入れるのか、その仕組みと保育士の就労環境改善策として行われている同区の取り組みについて解説します。

千代田区が行う保育士就労環境改善策

千代田区は、前述の通り保育園不足率が0%であり、保育施設が子どもの需要に対して“足りている”と考えられる為、保育士不足そのものへの対策として特別なものは行っていません。

しかし、現状保育士が足りていたとしても退職者が出ることで、その都度人員を補充する必要がありますし、職員の入れ替わり等で保育の質が一定に保たれない可能性も考えられます。その為の就労環境改善策として、千代田区では独自の取り組みを行っているのです。

月額上限2万円を給付

東京都では、一定の条件を満たした保育士に対し「住宅手当」を都の負担で給付しています。低賃金と叫ばれる保育士にとっては非常に嬉しい制度ですね。そして、千代田区では上記の住宅手当に加え、月額上限2万円の「補助金」を支出しています。

保育士の賃金は一般企業と比べ月額で10万円程度と言われていますが、千代田区が行う2万円の給付と東京都からの支援を受けることができるのであれば、大きな生活の助けとなるでしょう。

新たな保育施設の需要

子どもの数が他区よりも比較的少なく、保育施設も十分にある千代田区で正規雇用の場を探すのは難しいかもしれません。待機児童がいないということは、新たな保育施設が造られるわけではないため“保育士の受け皿”が少なくなってしまうのです。

しかし、そうした施設とは別に「企業内保育」や「病時保育」など、新規参入の保育事業の場で保育士資格が有利に働くと考えられます。※専門性は有資格者として保育の質を保障されますが、事業と福祉の違いには注意が必要かもしれません。

千代田区の待機児童の現状

千代田区では平成26年度に引き続き平成27年度でも「待機児童数0人」という数字を維持しています。これだけ各都道府県や市町村で待機児童問題が深刻化していく中、素晴らしいデータと言えます。

では、どうして千代田区では待機児童問題が起きていないのでしょうか。それには下記2つの理由が考えられます。※勿論、下記理由だけで待機児童0と言う数字は達成できません。保育施設が入園を望む子どもの数を満たせるという大前提は賞賛以外にありません。

保育園を望む子どもの数が他区よりも少ない

待機児童問題を考える上で、とても重要なのに見逃してしまいがちなことに、保育園に入っている子どもや自宅で保育をする子どもを合わせた6歳未満児の数を表す「就学前児童数」があります。

例えば待機児童数ワースト1位として知られる世田谷区では就学前児童数は44,083人に上ります。対して千代田区の就学前児童数は3,175人のみとなっています。

更にこの3,175人の全てが入園を希望するわけではないので、保育園の入所を考える分母がまず異なることがあるのです。分母が少なければそれだけ少ない数の保育施設の受け皿で入園が可能になります。

潜在待機児童が潜んでいる可能性が“ない”とは言えない

この様に、待機児童0を実現している千代田区においても、「潜在待機児童」については懸念事項が挙げられます。

「潜在待機児童」とは現存の“待機児童”の定義を、各自治体がそれぞれの解釈を基にデータ化しているケースが多く、単純に比較することは困難です。千代田区の定義では待機児童と分類されていない子どもが、他自治体では待機児童と換算されていることも考えられるのです。

一部のデータでは、認可園を臨む子どもの1/3しか入園できておらず、認証保育施設などに入園させている家庭が多くあるという数値もあります。潜在待機児童の問題を解決するべく、一律の待機児童の定義確立を速やかに整備して欲しいものですね。

千代田区で働くには“保育士としての力”が必要

もし居住などの問題で千代田区での就職を望むのであれば、求人自体が他地区に比べ少ない為、豊富な経験や的確な自己アピールが求められるでしょう。

新卒採用の場合では、一般的な「保育士資格」や「幼稚園教諭」にプラスして何らかの強みがあると有利と考えられます。

ゆめほいくでは、千代田区の求人情報を多数ご用意しております!ぜひメルマガ登録で最新の求人情報をGETしましょう!

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

東京都千代田区の保育士求人情報満載!

ぜひ下記をご確認ください。



その他特典多数!

人気の投稿