育児が一段落した時や、もっとスキルアップしたい時などに転職や復職を考える事は誰にでもありますよね。でもそれには家族やパートナーの気持ちも気になりますし、本当に皆がどう思っているのか本音が気になる方も多いのでは?そこで「転職や復職をパートナーに反対された事はありますか?」と言ったアンケートを取ってみました。

自分に合った仕事がしたい!転職や復職がしやすい環境って?

【質問】
転職や復職をパートナーに反対された事はありますか?

【回答数】
Yes:32
No:68

やっぱり転職や復職認めてくれるパートナーが多い!

今回のアンケートの結果、転職や復職を認めてくれるパートナーが多い事が分かる結果になりました。

・パートナーは自分の仕事への姿勢を理解してくれているので、反対されることはない。

・まったくありません、好きなお仕事をさせてもらっていますので苦痛はなしです。

・やりたいことをやっていいと言われたので反対されたことはないです。

・幸運な事に今までみんな理解のある人ばかりだったので、みんな応援してくれました。

・自分のやりたい仕事が見つかったのであればと職場が遠くなっても賛成してくれました。

多くの人が「パートナーが自分の仕事を行う姿勢に対して理解を示している」など、仕事を大切にしている事を尊重してくれている事がうかがえました。その他にも「好きな事をしていい」や「自分のやりたい仕事をして欲しい」などパートナー自身も出来る限りの協力をしてくれる気持ちが分かる結果になりました。

子育て中は育児に専念して欲しいとの意見も意外と多い!

その他の意見としては、特に育児中であれば育児を優先して専念して欲しいとの気持ちを持っているパートナーも意外と多い結果となりました。

・在宅ワークを始めたところ、締め切りがタイトだったり急な仕事依頼がきたりして多忙になり、夜中までPCに向かったり、日中子供を放置して仕事をしなくてはならなくなり、家事もおろそかになってしまった。子供が小さいうちは育児と家事に専念してほしいとパートナーに言われ、納得した。

・復職です。まだ子供が小学生の間は「フルタイム」「土日勤務」のある職場はやらないでほしいといわれました。

・生活が苦しいので、残業ありの仕事に転職しようとしたが、子供がかわいそうだからと反対された。

・子供が小さかったので、もう少し大きくなってからでも良いと言われた。せっかく良い仕事だったのに残念です。

「家事がおろそかになってしまったので育児と家事に専念して欲しい」など子供が小さいうちは家で家庭を守って欲しいと考えているパートナーが多く、「子供に寂しい思いをさせたくない」や「残業ありの仕事は避けて欲しい」などの理由でなかなか復職が難しかったり、家計の為のより良い転職でも仕事量が増える事で子供へ負担になる事は避けて欲しいと言った意見も伺える結果となりました。

仕事に対する気持ちを尊重してくれているパートナーが多い

今回のアンケートで、パートナーが仕事に対する気持ちや姿勢を認めてくれた上で、自分の仕事がスムーズに出来る様にバックアップしてくれる気持ちがある事が分かる結果になりました。
それぞれが自立をしながらも育児や家事などに力を合わせて生活をしていける様にとの意識がある事もうかがえました。
転職や復職をすれば忙しくなる事もありますが、パートナーと良く話し合う事でいざという時に困ったりする事も減らせるのかもしれませんね。

調査について

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・女性
■調査期間:2014年12月11日〜12月24日
■有効回答数:100サンプル

働き方を選べて旦那様も安心!幼稚園求人をお探しの方はこちらもご覧ください。
http://hoikuhaken.com/