学校を卒業し、事務系の仕事や工場の現場などに勤めてみたものの、なにか違うなあと感じることってありませんか。これって私のしたかったことじゃない、天職ってなんだろうと思うことありますよね。そんなことを感じて転職をしようかなと考えている人も多いかもしれません。

仕事って、したいことを出来る訳ではないという考えもありますが、子供の頃に憧れていた仕事について、もう一度考えてみることも大事ですよね。
そこで、子供の頃の憧れの職業についてアンケートを取ってみました。

やりたかった仕事ってなに?女性の目線からの意見

【質問】
子供の頃のあこがれの仕事といえば?

【回答数】
保育士:23
看護師:14
学校の先生:20
パティシエ等調理師:43

パティシエ等調理師に憧れた人が一番多い!

アンケートの結果、「パティシエ等調理師」が43%で一番多い結果となりました。

・子供の頃はパン屋さんやケーキ屋さんが大好きでした。美味しいものに囲まれて働くことは憧れでした

・親戚のお姉さんがケーキ店で働いていてすごく素敵に見えました。自分でケーキを作ってみたかったです

・お菓子屋さん(ケーキ職人)というのは女の子の憧れの定番だと思います

・お菓子作りが好きで喜んで食べてくれる顔が好きだったので、パティシエになりたかったです

子供の頃は、特にお菓子とか大好きなので、そんなお菓子に囲まれて働きたいと思うことは、すごく分かりやすいですよね。それだけで、幸せな気持ちになるんでしょうね。それに、知り合いの人が、ケーキ屋さんとかで楽しそうに働いていたら、尚更そういう仕事に憧れます。好きなお菓子に囲まれて楽しそうにしている姿を見たら、ストレートに子供心に訴えるものがあるでしょうね。また、誰かが喜んでくれるっていうのも、憧れを抱く大切なポイントですよね。

保育士や学校の先生も意外と多い!

アンケートの結果、次に多かったのが、「保育士」で、23%、「学校の先生」が20%で三番目、そして最後が「看護師」の14%という結果でした。

・自分もありましたが、小さい子供の面倒を見たがるって幼い頃なら誰でも一度はあるのかなと思うので

・保育園に通っていて、大好きな先生がいたから。自分もお迎えを待つことが多かったので、不安そうな子どもたちと一緒にいてあげたいと思った

・子供達に触れ合えるし、教壇の前に立っている先生が凄く立派に感じたから

・尊敬する先生がいたので、子供の時はそういう憧れの先生みたいになりたかった

・ご存じない方の方が多いと思いますが、子供のころに放送されていた「キャンディ・キャンディ」というアニメで、確か主人公のキャンディが看護師をしていて、漠然と私も看護師になりたいと思っていました。

人が喜んでくれる仕事がしたいというのがポイント!

アンケートの結果で、パティシエになりたかった女性が一番多かった訳ですが、保育士や学校の先生、看護師になりたかった女性も多かったですね。自分が嬉しいと感じる仕事がしたいという気持ちでは、共通しているように感じます。それが、お菓子だったのか、子供や困っている人だったのかという違いはあるのかもしれません。

それでも、パティシエにしても、喜んでくれる人がいるから嬉しい訳なので、保育士や学校の先生、看護師に憧れる気持ちと通じるものがあるのかもしれませんね。

調査について

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・女性
■調査期間:2014年12月11日〜12月24日
■有効回答数:100サンプル

幼稚園求人をお探しの方はこちらもご覧ください。
http://hoikuhaken.com/