保育士就職セミナーとは?その概要やメリットについて徹底解説

近年「保育士向け就職セミナー」が増えています。現役で活躍する保育士さんはもちろん、一度離職した潜在保育士の方に向けたものなど、セミナーの内容は様々です。

実際に参加しようと思っても、

  • どんな内容か、よくわからない…
  • 転職サイトの個別相談でも同じじゃないの?
  • 若い人ばかり参加していそう…

このような不安を感じている方も多くいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、保育士向け就職セミナーで得られるメリットや、注意点をご紹介!ぜひ転職や再就職の参考にしてみてくださいね。

保育士就職セミナーの概要

保育士就職セミナーとは、求職中の保育士を対象に開かれる”合同選考会”のようなイベントです。内容としては「カンファレンス+合同選考会」といったイメージです。

参加保育園の代表者を始め、保育業界の専門家、自治体の職員などがテーマに沿った講演やカンファレンスを開催し、各ブースでは保育施設の現役スタッフらが、求職者に向けて施設の概要や就職情報について説明します。

保育士を専門とした人材派遣会社や、各自治体が主催しているケースが多く、地域の保育施設と求職中の保育士をつなぐ役割を果たしています。

保育士就職セミナーに参加するメリット

保育士就職セミナーの最大のメリットは「一度に多くの保育施設の情報を得られる」ということです。

保育施設はそれぞれブースを構えており、求職者に対し資料の配布や簡単な説明を行います。採用面接ではないので気楽ですし、気になった施設のブースを回ることで、短時間で多くの情報を得ることができるのです。

  • 働き方について、具体的なものが決まっていない
  • 保育現場に一度も出ていない
  • 現場から離れて時間が経っている

こような方にとっては、情報収集の場としてぜひ活用すべきイベントと言えます。

セミナー参加者の年齢層は幅広い

保育士就職セミナーは、幅広い年齢層の方が参加しています。もちろん新卒を含めた20代の保育士の方もいらっしゃいますが、30代〜40代でパート勤務を希望する方や、50代以上で復職を考えられている方なども多く参加されています。

施設の担当者から直接説明を受けることで、施設側が求めている年齢層や能力を知ることもできるため、実際に応募が可能かどうか判断することもできます。

また、最近では「子育てをしながら働くママ保育士向け」「朝夕数時間だけの時間外保育士向け」など、一定の年齢層・勤務形態に特化して求人を行う企業・保育施設も増えていますので、自分に合った就職先を見つけるきっかけとなるでしょう。

その場でスカウト採用の可能性も!?

就職セミナーは「合同説明会」ですので、決して採用面接ではありません。

しかし求職者に対し説明をしていく中で、企業・施設側が求めている人材にぴったりな保育士を見つける可能性もあります。採用担当者がセミナーに参加していますので、「ぜひご応募ください」「ご応募お待ちしております」と声かけされることがあれば、採用へ大きく近づいたと考えても良いかもしれません。

セミナーで得られる情報は限られる

保育士向け就職セミナーは、多くの企業・保育施設と接触することができます。しかし、セミナーで得られる情報は”表面的なもの”ということを忘れてはいけません。中には、良い面だけをアピールしている施設もあります。

セミナーで得た情報だけで判断するのではなく、気になった企業・保育施設に関しては個別相談や施設訪問を行い、慎重に判断するようにしましょう。セミナーの印象と、実際の保育施設の運営状況が大きく異なる場合は、しっかりと断ることが大切です。

保育士向け就職セミナーが向いている人

保育士向け就職セミナーが向いているのは、下記のような方です。

  • 保育士として初めて就職する方
  • 保育士経験はあるが、長くブランクが空いている方
  • 年齢が気になり雇用のミスマッチが怖い方
  • 地域にどのような保育施設があるのか知りたい方

既に希望の保育施設が決まっている方や、ある程度の情報収集はできていてより深い情報を知りたい方などは、就職セミナーではなく個別で相談を申し込んだ方が良いでしょう。

まとめ

保育士向けの就職セミナーは、短い時間で多くの企業・保育施設の情報を得られる、魅力的なイベントです。新卒向けだけではなく、子育てと両立するママ保育士や、年配の潜在保育士などを対象としたセミナーも開催されていますので、自分に合った就職セミナーへ参加してみましょう。

ただし、就職セミナーはあくまで保育士就活の”第一歩”です。実際に保育施設を訪問するわけではないので、得られる情報のみで判断してしまうのは危険です。雇用のミスマッチを防ぐためにも、体験入園や施設訪問などを申し込み、希望のワークスタイルが叶う施設を見つけましょう。

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

おすすめの求人情報はこちら

ぜひ下記をご確認ください。



人気の投稿