フリーランス保育士とは、働き方やキャリアアップについて徹底解説



正社員、契約社員、パートなど、保育士の働き方は様々です。近年保育現場では、”新しい働き方”として「フリーランス」の保育士が増えてきています。

今回はフリーランス保育士の働き方やメリットデメリットについてご紹介します。

フリーランス保育士とは

フリーランス保育士は、決まった施設に所属せず、人手を必要としている施設に”ヘルプ”として所属するスタイルが一般的です。

人材紹介サービスに所属しているケースや、完全にフリーランスとして独立開業している方もいらっしゃいます。基本的に複数の施設を掛け持ちしながら働いています。

フリーランス保育士の勤務時間は、契約時にしっかりと決めているため、勤務時間外の業務は発生しません。また、報酬に関しても契約時の交渉次第ですので、スキルのある保育士であれば一般的な給与よりも高額の報酬を得ることも難しくないでしょう。

フリーランス保育士として働く方法

フリーランス保育士の働き方について、3種類の方法をご紹介します。

人材紹介サービスへ登録する

人材紹介サービスへ登録し、依頼を受けるスタイルです。この場合「派遣社員」と近い雇用形態となります。

保育士不足が全国的な問題となっている近年、施設自体での求人活動が上手くいかないこともあり、人材紹介サービスを介して保育士を補充している施設は多く存在します。そのため、保育士経験者や育児のスキルをお持ちの方などは「即戦力」として活躍できます。派遣契約を結ぶ際は、勤務時間や報酬面での希望を伝えておくことで、自分に合った働き方を実現できます。

フリーランスとして働く上での面倒な部分(契約手続き等)を人材紹介サービスが行ってくれる点が大きなメリットと言えます。

個人の紹介

保育士経験の中で得た人脈を利用し、”紹介”で仕事を得ているフリーランス保育士も存在します。人材紹介サービスを介さないため、勤務時間や報酬については直接交渉を行います。

開業する

個人事業主として働く方も増えています。ベビーシッターや少人数の保育を行う「家庭的保育」「小規模保育事業」など様々なスタイルがあります。

雇用されている場合、各施設の保育方針に従う必要がありますが、個人で開業してしまえば”自分自身の目指す保育”を実現することができます。保育士経験で得たスキルを発揮したいという方にはおすすめです。

フリーランス保育士のメリット

フリーランス保育士のメリットは自由度が高い点です。

自分に合った勤務時間を選択できる

フリーランス保育士は勤務時間をあらかじめ指定した上で依頼を受けるため、自分自身のライフスタイルに合った働き方ができます。

家事や育児と両立されている方もいれば、趣味の時間を確保した上で隙間時間に保育士として勤務している方もいらっしゃいます。無理のない範囲で保育に携わることができるのです。

スキル次第で収入アップも

スキルの高いフリーランス保育士であれば、報酬も比例します。

経験を積み、理想とする保育スタイルの実現を考えている方は、勤務年数に応じたキャリアアップを待つのではなく、フリーランス保育士としてチャレンジしてみても良いかもしれません。

フリーランス保育士のデメリット

フリーランス保育士にデメリットは、安定した収入が保障されていない点です。正社員で雇用されている場合、有給休暇や賞与があるため、急な体調不良での欠勤でもある程度収入が保障されています。

フリーランス保育士の場合、働いた分発生する報酬ですので、働かなければ収入は得られません。その点は注意する必要があります。

まとめ

保育士不足が深刻な問題となっている昨今では、フリーランス保育士として活躍している方がとても増えてきています。

正社員や契約社員などの雇用形態ではなかなか働けない…という方は、自由度の高いフリーランス保育士としてスキルを発揮することをおすすめします。

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

おすすめの求人情報はこちら

ぜひ下記をご確認ください。



その他特典多数!

人気の投稿