地域限定保育士試験とは、正規資格との違いや特徴について

地域限定保育士とは、政府が不足する保育士を確保するために、新たに決めた保育士資格の試験です。

地域限定保育士は、「地域限定」の名の通り、働けるエリアが限られます。しかし3年ほど実務経験を積んだ後は、正規の保育士と同様に全国自由に転職が可能なので、関心を持つ方も増えています。

ただ、そうは言っても、

  • 試験内容が違うのではないか
  • 通常試験の合格科目は免除されるのか
  • 合格後の扱いに差がでるのではないか

といった心配事があるかと思います。そこで今回は、皆さんの疑問に応えるべく、地域限定保育士をできるだけわかりやすく解説したいと思います。

地域限定保育士が誕生した背景

地域限定保育士は、人手不足解消のために2015年の国会で成立した制度です。世間では待機児童が頻繁に問題となりますが、問題の深刻化を憂慮した政府が、保育士の拡充を目的に成立させました。

詳細は後述しますが、試験内容や資格としての効力は通常の保育士と同等です。少なくとも公的機関の扱いとしては「3年間のみ受験した自治体で働かなければならない」という条件がついているに過ぎません。

地域限定保育士の試験について

地域限定保育士の試験のポイントは、下記の4つです。

  1. 試験科目・免除規定は保育士と同じ
  2. 年2回か年3回かは自治体によって違う
  3. 資格名は最終合格試験により決まる
  4. 合格してしまうと免除はできない

試験科目は保育士と同じ

地域限定保育士の試験科目は、通常保育士のものと同じです。

この制度は、もともと「年2回目の保育士試験」として作られたので、内容は全く一緒と理解して構いません。保育士の養成講座や通信教育はたくさんありますが、わざわざ地域限定だけを分割しているところは確認できませんでした。

もちろん、筆記試験の一部合格科目を、次回試験の免除科目にすることも可能です。

通常の保育士試験→地域限定保育士でも免除ですし、その逆(通常保育士試験で一部合格→地域限定保育士試験で免除)も可能です。

年2回か年3回かは自治体によって違う

地域限定保育士は、年1度きり保育士試験を増やすための、「セカンドチャンス」的に登場しました。2015年のことです。もっとも、2019年現在は制度が変わり、通常保育士試験が年2回(前期・後期)のものとなりました。

そのため地域限定保育士の存在意義は若干薄れ、現在は各自治体の裁量により「後期のものに含まれる」もしくは「3回目のチャンスとして実施される」のどちらかの扱いを受けています。

詳しい運用ルールも自治体によって違ってきます。詳しく知るには、お住まいの自治体への問い合わせが必要です。

資格名は最終合格試験により決まる

地域保育士と通常保育士は、試験科目単位で免除規定が利用できます。そのため、「通常試験で4科目合格し、地域限定試験でも3科目合格した。その後残りの1科目と実技試験に合格したら、どっちの資格になるのか?」といった疑問が生じます。

この点について、一般社団法人「全国保育士養成協議会」は最終合格試験の資格名により決定するとの認識を示しています。

つまり、

  1. 通常保育士試験で4科目合格
  2. 地域限定試験で4科目合格
  3. 通常保育士試験で1科目と実技試験に合格

となった場合、最後に受験した科目が「通常保育士試験」のため、合格後の資格は通常保育士として扱われます。

合格してしまうと免除はできない

先ほど免除の話について触れましたが、地域限定保育士試験に合格してしまった場合、来年の通常保育士試験を受験しても試験免除は適用できません。筆記試験の免除規定をできるのは、あくまで「試験合格までの間」という話です。

たとえば、地域限定保育士試験に合格した人が、3年縛りを解除するために改めて通常保育士試験を受験しても、保育士試験の免除はできないという話です。

また幼稚園教諭の資格を持っている人は実技試験が免除されるので、地域限定保育士試験の筆記試験に合格した瞬間、保育士試験自体にも合格扱いとなります。この場合も次の通常試験で筆記試験免除は適用されませんので、注意して下さい。

〈参照〉一般社団法人全国保育士養成協議会

地域限定保育士のよくある心配ごと

続いて、地域限定保育士についてよくある心配ごとを解説します。

同一地域でしか働けないのか?

冒頭で触れた通り、地域限定保育士は3年間ほど、合格した自治体にある保育施設でしか働くことができません。

理由は、地域限定保育士が元来、特定エリアの待機児童問題への対策として実施された制度だからです。せっかく必要な保育士を確保したのに、他の閑静な地域に移られては、制度としての趣旨が失われてしまいます。

もっとも、国や自治体は上記の制限を3年に限るとしています。4年目からは通常の保育士と同等の扱いになり、扱いに差がつくことはありません。

通常の保育士と差がついてしまう?

とは言え、上記はあくまで、国や公的機関の話です。実際に民間企業に就職する際に「園や他の保育士から差別的な扱いを受けるのでは…」と心配する方もいるでしょう。

実際、制限期間中の地域限定保育士は、履歴書に「地域限定」と書くべきです。なぜなら、全国転勤などを前提にした保育施設に就職する場合、「聞いてなかった!」と支障が生じてしまうからです。

もっとも、4年目以降の地域限定保育士は、通常の保育士と同じ扱いになります。その場合は通常の「保育士」と書いて問題ないと考えられます。また、地域限定保育士という理由で差別的な扱いをする園などは、ほとんど耳にしません。

まとめ

地域限定保育士は、政府が人手不足解消のために導入を決めた制度です。ただし2019年現在は通常保育士試験が年2回のものとなったため、現在は後期試験に組み入れられたり、3回目の試験として運用されています。

地域限定保育士試験は合格後3年間は、合格した自治体でしか働くことができません。しかし4年目以降は通常の保育士として扱われるため、全国転勤なども可能です。

ゆめほいくでは、幼稚園教諭・保育士の求人情報を掲載中です。ぜひ転職活動にお役立てください。

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

おすすめの求人情報はこちら

ぜひ下記をご確認ください。



人気の投稿