保育士のキャリアアップ研修について、内容やメリットまとめ

保育士の「キャリアアップ研修制度」をご存知でしょうか。簡単に説明しますと、保育士と園長の間にいくつかの役職を作り出して、ステップアップしてもらおうという制度です。研修を修了した保育士を雇っている保育園には、国から5千円~4万円が支給されます。

もちろん、支給されたお金は保育士の手当に繋がります。キャリアアップとお給料アップセットになった、ぜひとも知っておきたい制度です。

保育士のキャリアアップ研修とは?

保育士のキャリアアップ研修は、保育士と園長の間に役職を作り出して、ステップアップを目指してもらうための制度です。

従来型の保育園では、役職と言えば主任保育士くらいしかいませんでした。しかし、これでは役職につけない保育士が続出して、モチベーションが上がりません。

そこで登場したのがキャリアアップ研修制度です。保育園にも一般企業でいう課長や専門家のような存在を作り出して、キャリアを形成してもらおうといった目的から生まれました。

もちろん、役職だけ作っても、給料が上がらないと意味はありません。国や自治体は対策として、研修を受講した保育士を雇っている保育園に月額5千円~4万円の給付を決めました。頑張っている保育士に、キャリアに見合った報酬を受けてもらおうという試みです。

〈参考〉保育士等キャリアアップ研修の実施について/厚生労働省

3種類の役職を新設

保育士キャリアアップ研修では、新たに「職務分野別リーダー」「専門リーダー」「副主任保育士」の3つの役職が作られました。

対象者の経験年数や受講する研修数が示されているので、誰でも目標を立てやすいところがポイントです。

職務分野別リーダー

職務分野別リーダーは、3年以上の経験を積み一人前に働ける保育士を対象にしたキャリアアップ研修です。約15時間の研修を経て、下記6つの分野のうち得意領域のエキスパートになってもらい、分野リーダーとして働ける能力を養います。

研修を修了した保育士が所属する保育園は、自治体から月額5,000円の手当を受け取れます。

条件 経験年数概ね3年以上経験していること
担当する職務分野研修を修了していること
研修対象となる分野 乳児保育
幼児教育
障害児保育
食育・アレルギー対応
保健衛生・安全対策
保護者支援・子育て支援

専門リーダー

専門リーダーは、7年以上の実務経験と4つ以上の職務分野別リーダーを経た保育士さんを対象にした、ベテラン向けの役職です。研修修了後は現場のリーダーとして活躍が期待され、月額4万円の手当が支給もらえます。

条件 経験年数概ね7年以上経験していること
職務分野別リーダーを経験していること
4つ以上の分野の研修を修了していること

副主任保育士

副主任保育士は、将来的な主任保育士や園長候補のひとの就任を予定した役職です。専門リーダーと違い、同じベテラン向けの役職でもマネジメント(経営)よりの研修が求められるところがポイント。マネジメント研修に加え、他に3つ以上の分野研修が必要です。

研修修了後は保育園経営の要としての活躍が期待され、月額4万円の手当が支給もらえます。

条件 経験年数概ね7年以上していること
職務分野別リーダーを経験していること
マネジメント研修を修了していること
その他3つ以上の分野の研修をしていること
研修対象となる分野 保育実践
マネジメント(必修)

〈参考〉保育士等キャリアアップ研修の実施について/厚生労働省

保育士キャリアアップ研修のメリット

保育士視点で見ると、キャリアアップ研修のメリットは下記3つに絞られます。

給与がアップする

保育士キャリアアップ研修を修了すると、月額5千円~4万円の手当がもらえます。

月額なので少なく感じるかもしれませんが、年単位で換算すると6万円~48万円にも増加します。低賃金が問題となっている保育士分野では大きなメリットと言えます。

モチベーションが維持できる

従来型の保育園には、役職と言えば主任保育士と園長くらいしかありません。経験を重ねるにつれて「なかなか昇進できない」と感じる方も多いのではないでしょうか。また、園によっては昇進の条件が明確に示されておらず、勤続していく中で目標を見出せなくなってしまうケースもあるようです。

キャリアアップ研修制度では、研修を進めていくことで、能力に見合った報酬得られますし、将来的な目標をイメージしやすくなります。

転職・復職が有利になる

キャリアアップ研修は、転職や復職の際にも有効です。転職・復職先の保育園においても、過去の研修の経験を活かせます。経験者を求めている保育園に対して効果的なアピールポイントとなるでしょう。

また、転職・復職後も手当は同じように支給されます。

まとめ

保育士キャリアップ研修は、昇進(キャリアアップ)が停滞しがちな保育園にとって、保育士のモチベーション維持と処遇改善の両面に役立つ制度です。

研修を終了し役職に就いた場合、月額5千円~4万円の手当を期待できます。また、履修した研修は転職や復職後も使えるので、結婚や出産など人生のライフイベントにも強くなります。保育士として働くなら、ぜひとも受けておくべき制度と言えます。

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

おすすめの求人情報はこちら

ぜひ下記をご確認ください。



人気の投稿