2020年上半期を振り返る

こんにちは、派遣スタッフの担当をしています柿崎です。
日頃、ゆめほいくブログをご覧いただきましてありがとうございます。
早いもので2020年も半分が終わりました。
日々の話題は、ほぼコロナ一色で他にも様々な出来事がありましたが、ほとんど話題にされず終わってしまったように感じます。
そこで、今回は2020年の上半期のコロナ以外の出来事を月毎に振り返ってみたいと思います。

 

 

1月 「チバニアン」正式決定

 

オリンピックイヤーで幕を開けた2020年、この頃は新型コロナウイルスがこんなにも世界中に大きな影響を与えるとは誰も想像していなかったと思います。
そんな1月にあった出来事は、17日、韓国釜山で開催されたIUGS(国際地質科学連合)の理事会で、千葉県市原市にある地磁気逆転地層が前期~中期更新世地質年代境界のGSSP(国際境界模式地)に決定しました。この決定により、約77万4千年前~約12万9千年前(新生代第四紀更新世中期)の地質年代の名称が「チバニアン」と呼ばれることになります。GSSPは世界で72箇所目となり、日本では初めての認定です。また、地質時代の名称として初めて日本の地名が使われることになるので、地球の歴史に日本の地名が刻まれる事にもなります。

 

 

2月 槇原敬之被疑者逮捕

2月13日、シンガーソングライターの槇原敬之被疑者が危険ドラッグ「ラッシュ」を所持していたとして、覚醒剤取締法違反で逮捕されました。1999年にも覚醒剤取締法違反で逮捕されているため2度目となりました。逮捕後、3月4日に起訴され、6日に保釈金を納付し釈放されました。その後、初公判を6月17日に行う予定でしたが、新型コロナウイルスの影響等の理由により延期になっています。

 

 

3月 高輪ゲートウェイ駅開業

3月14日、JR山手線・京浜東北線の品川駅~田町駅の間に「高輪ゲートウェイ駅」が開業しました。これは、JR東日本が中心となって進めている再開発プロジェクト「グローバルゲートウェイ品川」のエリア内に出来た駅で、近い将来にはオフィスビルや商業施設が完成する予定になっています。駅名を決めるに当たって一般公募を行いましたが、上位の候補(「高輪」「芝浦」「芝浜」)は採用されず下位の「高輪ゲートウェイ」が採用されたため、駅名撤回の署名運動が起こるなど物議を交わしました。
この他には、同じ3月14日に東日本大震災の影響で不通の区間が残っていたJR常磐線が、9年の歳月を経て全線開通しました。この事に関しては、近いうちにブログでもう少し詳しく書く予定です。

 

 

4月 藤田菜七子騎手100勝達成

緊急事態宣言が発令された4月ですが、25日に福島競馬場で行われたレースで、JRA(日本中央競馬会)唯一の女性騎手の藤田菜七子騎手(22歳)が勝利し、女性騎手では初めて(現役選手では95人目)JRA通算100勝目を上げました。初騎乗は2016年3月の中山競馬場で行われたレースで、2150戦目のレースで偉業を達成しました。競馬ファンの間では、女性騎手とし注目されているばかりで無く馬への愛着が強く、実力も高く評価されているため今後の活躍も期待されています。

 

 

5月 黒川検事長が辞表を提出

5月21日、東京高等検察庁検事長の黒川弘務氏が20日に発売された週刊誌で新聞記者達と賭けマージャンを行っていた事が報道され責任を取って辞表を提出し、翌の22日には閣議で辞任が了承されました。
本来、賭けマージャンは法律で禁止されている事であり何故訓告処分で終わり逮捕されないのか、退職金もほぼ満額の5,900万円も支給されるかなど多くの国民から批判が今でも出ています。また、これに関連して、どうして黒川検事長の定年延長を法を変えてまでやろうとする必要があったのかという疑問についても現状では何も解決されていません。
この問題に関しては、今年の下半期も引き続き追及されていくと思われます。

 

 

6月 虎ノ門ヒルズ駅開業

現職議員の逮捕(しかも夫婦で!)あった6月の出来事ですが、東京メトロ日比谷線の霞ヶ関駅~神谷町駅の間に「虎ノ門ヒルズ駅」が6日に開業しました。
2014年に建設されたオフィスや住居等が入居した高層ビル「森ビル」と直結した駅で、銀座線の虎ノ門駅とも乗り換えが可能になっています。
今後は、バスターミナルが完成し、羽田空港や成田空港へのリムジンバスやオリンピック選手村が建設されている中央区の勝どき、晴海方面への路線バスが走る予定になっています。
駅周辺はこの先も高層ビルの建設等、更に開発される予定で東京の新名所が誕生するのもそう遠くはないです。

 

 

2020年下半期は・・・

オリンピックの開催が延期になった2020年の下半期は、どのような話題があるのか調べてみました。夏の花火大会やお祭りはほとんどの会場が既に中止を決定し、引き続き大きなイベントは中止や延期、もしくは縮小しての開催になる予定となっていますが、次の出来事が予定されています。

・東海道山陽新幹線の新型車両N700S系運転開始(7月1日~)
・東京都知事選挙(7月5日)
・プレーステーション5発売
・嵐活動休止(ラストステージはNHK紅白歌合戦?)
・小惑星探査機「はやぶさ2」帰還予定
・東名高速と関越道を結ぶ外環道の開通
・新東名高速の全線開通
・徳島県の阿佐海岸鉄道で、鉄道と道路の両方を走れる車両「デュアル・モード・ビークル(DMV)」を世界初導入

一応、新型コロナウイルスの影響を受けないだろうと思われるものを選びましたが、状況次第では変わる事も大いにあるのでその時はご了承下さい。

 

 

さいごに

最後までお読み頂きましてありがとうございました。
改めて2020年の上半期を振り返るともっと注目を集めたり、話題になってもおかしくないような出来事があったと思います。
新型コロナウイルスの収束の目途がつかない今、下半期もコロナウイルスの話題が大半を占める事になるでしょう。(このブログを書いている頃は都内の感染者が連日100名を超えまだまだ心配な日々が続いています)
しかし、そんな中でも少しでも明るい話題があればと願っています。
そして、それと同時に一日でも早く平穏な暮らしが戻る事も願っています。
年末には、「2020年下半期を振り返る(仮)」を書きたいと思いますのでお楽しみに!

次回(半年後?)も宜しくお願いします。

 

 

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

おすすめの求人情報はこちら

ぜひ下記をご確認ください。



人気の投稿