七夕の由来

もうすぐ七夕です。子どもの頃から季節行事として、七夕の歌を唄ったり短冊に願いを書いたりと、誰でも七夕のイベントを楽しんだことがあると思います。

日本ではちょうど梅雨の頃になるため、天の川は毎年見られず仕舞い。それなのにどうして星と関係するのか?

今回のブログは、全国の園や施設でも7月の行事として行う「七夕」について掘り下げます。

 

七夕とは

五節句の一つで、①牽牛星と織姫星を祭る行事です。②竹に五色の短冊に歌や字を書き枝に飾り裁縫や字の上達などを祈ります。

奈良時代に③中国の乞巧奠(きっこうでん)の風習が伝来し、古来の④「たなばたつめ」の伝説と結びつき宮中で行われていたことに始まる。また⑤盆の習俗との関係も深い。と大辞林には載っています。

 

①牽牛星と織姫星

牽牛と織姫の伝説はいくつかありますが、一番有名なお話は、天帝に「織姫」という娘がおり、明けても暮れて機を織り美しい着物を織っていました。天帝はそんな娘を不憫に思い、婿をもらってやることにし、天の川の畔で牛の世話をしている若者を選びました。織姫と牛飼いはすぐにお互いを好きになり一緒に暮らすようになりましたが、織姫は機織りをしなくなり、牛飼いも牛の世話をしなくなりました。

天帝はたまりかね、忠告しましたが二人は耳を貸そうとしませんでした。そんな二人に天帝は怒り心頭し二人を無理やり引き離しましたが、織姫は泣き暮らし機を織らず、牛飼いも織姫のことばかりを考え牛の世話をしませんでした。困り果てた天帝は「おまえたちが元どおり働くなら1年に1度会えるようにしてやろう」と条件を出し、二人は心を入れ替え懸命に働きました。7月7日に織姫と牛飼いは天の川の川岸に駆け寄るとカササギの群れが空を覆い天の川に橋を架けてくれました。二人はこうして1年に1度の7月7日に出逢うことができるのです。

琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事。鷲座のアルタイと呼ばれる牽牛星は農業の仕事。

この二つの星が一番輝く日が旧暦の7月7日で、天の川を挟んで見えたことから七夕伝説が生まれたという説があります。

②竹に五色の短冊

大辞林には「竹」とありましたが、七夕の童謡では「笹」と唄います。植物学上は竹も笹も同じ分類でイネ科に属します。七夕行事の際はどちらを飾ってもいいようです。

ではなぜ笹竹なのか?

笹も竹も雨風に強く力強く天にまっすぐ伸びるその生命力、葉には殺菌効果があり神秘的な植物として日本では扱われていました。

また、風になびいたときの葉擦れの音は神様が宿る依代と考えられ神事に用いられてきました。このような風習が日本にあったことから七夕飾りに笹竹を用いるようになったようです。

五色の短冊

地域によって諸説あるようですが、古代中国の陰陽五行説から成るものをご紹介します。

木・火・土・金・水の五つの要素により自然現象や社会現象が成り立つという学説があり、五色の短冊はこれにちなんだ配色とされ、青、赤、黄、白、黒で一色ずつ意味があります。

青(緑)昔は緑を「あお」と呼んでいたことから緑に変化したとされています。五行説木火土金水のうちの「木」にあたり、意味は「人間力を高め徳を積む」

赤は「火」にあたり、意味は「祖先や親に感謝する」

黄は「土」にあたり、意味は「人を信じ大切に思う気持ち」

白は「金」にあたり、意味は「義務や決まりを守る気持ち」

黒(紫)は日本で黒は好まれず高貴な色とされる紫となりました。「水」にあたり、意味は「学業の向上を願う気持ち」

③乞巧奠(きっこうでん)

乞巧奠とは、陰暦の7月7日の中国の行事で、女子が裁縫などの上達を祈ったもので日本へは奈良時代に宮中の節会として伝来しました。

棚機女(たなばたつめ)の伝説などと結びつき、民間にも普及して現在の七夕行事となりました。

④棚機女(たなばたつめ)の伝説

棚機女とは、「古事記」に登場する日本古来の神職です。棚機女とは、神への織物を織る女性のことで天から降りてくる水神に捧げるための神聖な布を、穢れを知らない女性が棚作りの小屋にこもり俗世から離れて織るという習慣がありました。

この棚作りの小屋とは「棚」には借家の意味があり「布を織る間だけ借りる家」という意味になります。この「棚」は俗世から離すため高い柱で支えられていました。

日本にあったこのような伝説と織姫の役割が似ていたので、伝説や習慣が時を経て結びついていったようです。

⑤盆の習慣

旧暦の7月7日を七日盆(なぬかぼん)と呼び、15日のお盆に向けて家の中に精霊棚を設けて幡(旗)を立て、お供え物をして先祖の霊を迎える準備を行っていました。

太陰暦から太陽暦へ変わったときにお盆だけが旧暦でおこなわれたため、現代ではご先祖様が帰ってくるのは8月15日という認識になっています。

お盆のときに使う精霊棚(たな)と幡(はた)を繋げて読むと「たなばた」となり現代の七夕の語源の一つと考えられているようです。

日本での七夕は、奈良平安の時代は宮中行事として女性の裁縫や字の上達を願い、詩を詠んでおりました。江戸時代になると庶民的な行事として広く一般的になり、江戸後期には子どもが主役の行事に変わりました。明治時代になると七夕を含む五節句が廃止されたため一気に七夕行事はさびれてしまいましたが、地方では江戸時代からの風習が続いているところも多くありました。

昭和初期から都市部での七夕行事を復活させようという動きがあり橋渡しになったのが仙台七夕祭です。

日本三大七夕まつり

・仙台七夕まつり 子女の技芸が上達するようにと、七夕を奨励したのは仙台藩祖の伊達政宗。400年近く今に受け継がれています。開催時期は毎年8月6日~8日で旧暦に合わせた新暦の頃に開催しています。

・湘南ひらつか七夕まつり 戦後の商業振興策として昭和26年に開催されました。

・おりもの感謝祭 一宮七夕まつり 織物産業が盛んな愛知県一宮市が、織物の神に感謝し、織物業の繁栄を願う伝統行事

七夕の伝統食

七夕のときに「素麺」を食べるようになったのは、中国の伝説に基づいています。

7月7日に亡くなった皇帝の子どもが祟りとなって街に疫病を流行らせ、その祟りを鎮めるために、亡くなった皇帝の子どもの好物の「索餅」という縄のように編んだ小麦粉のお菓子を供えたところ、祟りは鎮まりました。

「素麺」は「索餅」が原型ではないかといわれており、七夕に食べるものとなったようです。

七夕に素麺を食べる中国の伝説は織姫彦星の伝説とは異なるところから由来しているようですが、素麺は夏にぴったりでサラサラと川の流れのイメージにも繋がるところから商業的発展のような気もしますが、この時期にちょうど食べたくなりますね。

まとめ

七夕は中国で行われていた「乞巧奠」という行事をベースに、日本の「棚機女」が時を経て結びついたかなり古くからある行事であることが今回よく分かりました。

短冊を書く際に、古代の先人たちも自分の悪筆にへこみ、短冊に字の上達を願ったのかもしれないと、思いを馳せるといつの時代も同じだと共感を覚え楽しく書けそうです。

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

おすすめの求人情報はこちら

ぜひ下記をご確認ください。



人気の投稿