固定時間勤務の保育士は残業を断れるのか?雇用形態別に解説!

保育士の求人情報の中で「固定時間勤務」といったワードを見かけることが多いですよね。正社員・パート・派遣など、雇用形態を問わずに固定時間勤務を掲げている園も増えてきています。

しかし、実際のところ固定時間勤務の保育士は契約通りの時刻で退勤できているのでしょうか?具体的に“残業を断ることが可能なのか”について、雇用形態別に見ていきたいと思います。

正社員の場合

正社員が受け持つのは“クラス担任”など、ある程度責任感が必要とされる担当がほとんどです。その為、雇用契約時に固定時間勤務となっている場合でも、残業を全くしなくて良いということにはならないでしょう。

クラス担任の仕事量

yumehoiku3

クラス担任の担う仕事は子ども達の生活の支援だけでなく、書類作成や設定保育・イベントの準備などが日常的にあります。更に年度末には進級時の申し送り書類作成や、クラスに特別な配慮を必要とする子どもがいた場合には、別途資料作成が加わってきます。

これらを全てを業務時間内に完了出来るのであれば、残業にはなりませんが、現実問題それは不可能です。

日中は子どもたちの様子を見守り、お昼寝の時間には連絡帳や日誌の記入、イベント等で使う製作物の作業などがあるのです。忙しい園によっては、お昼休みであっても休憩室で作業を行うケースも見受けられます。

そして、勤務時間内で終わらなかった作業は自然と、勤務時間後に行うようになってしまいます。正社員の人員が十分に足りており、勤務時間内に書類作成等の時間を設けられるような環境でない限り、多少の残業は覚悟しておいた方がいいでしょう。

残業代の扱いに注意

そもそも、“固定時間勤務と定めているにも係わらず残業が無いわけではない…”という点に矛盾を感じてしまうかもしれませんが、これはきちんと残業分の給与が支払われている分には問題ありません。

気をつけたいのは、下記のようなケースです。

  • 固定時間勤務だからと残業代が支払われないケース
  • 固定時間で帰宅はするものの「持ち帰り残業」が発生してしまうケース

これらのケースは保育士にとって不当な雇用関係と言えますので、雇用主との話し合いやその他必要な対処を行うようにしましょう。

なるべく残業とならないよ、勤務時間中に作業を分担するなどの工夫である程度の改善は見込めますが、クラス担任と言う立場である以上は、相応の仕事量が発生すると考えておくことが必要です。

パートの場合

パートタイムでの勤務では、基本的に残業は断ることが可能です。しかし、イベント前や年度末など、業務量が増える時期においては、多少の残業をお願いされるケースもあるようです。

もし残業が発生する場合には、その時間も勤務時間に含まれるのかをしっかりと確認しておきましょう。また、自身が家族の扶養に入っている場合などは、残業が増えてしまう事で年収の制限をオーバーしてしまうことも考えられますので、注意が必要です。

扶養に入っている場合

扶養に入っている方の場合、1年間に就業して良い時間が予め定められています。その為、ある月に残業を多くしてしまうことで、その後の月で勤務時間を減らす必要が出てきてしまうこともあるのです。

イベント前など、仕方なく残業が発生する可能性もありますが、予め残業出来る時間数を確認しておき、その範囲内で収めるようにしましょう。

扶養に入っていない場合

扶養に入っていない場合は、年間での就労に制限はありませんので、自身が可能な範囲で残業を行うことができます。

しかし、園内に扶養内と扶養外のパートが混在することで、同じ“パート”であっても作業負担に差が出てきてしまいます。この様な場合に、職員内でもめ事が起きてしまう事の無いよう、園側には配慮が求められます。

派遣の場合

派遣保育士の場合には、相当に園が困っている場合でなければ残業はありません。これは雇用形態の違いによるものです。

正社員やパート、アルバイト、契約社員は保育園との「直接契約」ですが、派遣職員は派遣会社に登録をして園へ配属される「間接的な雇用」となります。その為、元々パートよりも時給が高く設定されており、残業代が発生した場合割高となってしまう為、派遣保育士の残業はほぼ発生しないのです。

しかし、“残業しないのは派遣の特権”の様にふるまってしまう事はあまりおすすめしません。先に退勤する際などにも感謝の気持ちを伝えるなどの配慮をしましょう。

持ち帰り仕事については、園によって派遣であってもお願いするケースもあるようです。サービス残業の様な扱いとされる場合は、派遣会社の担当者に相談し、派遣先との調整をお願いしましょう。

どの形態であっても園の状況に左右される

基本的に正規職員であれば、仕事量そのものが多いので自然と残業量は多くなってしまうようです。パートの場合は、扶養の有無によって差がありますが、全く無いわけではありません。派遣は基本的には残業はありませんが、こちらも園の状況によってお願いされるケースもあるようです。

イベント前など製作物の多い時期などは、それぞれの雇用形態に囚われず、スムーズに作業が進むよう協力が求められます。

ゆめほいくでは、様々な雇用形態の求人情報をご用意しております。固定時間勤務の案件も取りそろえておりますので、お気軽にご相談ください!

残業の多さに悩んでいる方に最適な転職先が見つかるかもしれません。

ぜひ下記をご確認ください。

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

おすすめの求人情報はこちら

ぜひ下記をご確認ください。



人気の投稿